top of page

京都府警にお世話になったお話





人生何があるかわからない。


これは、京都に住んでいた美大生時代の話。

『働く人』というテーマで課題が出され、

私は、なぜだかわからないのですが、

パッと、『お巡りさん』が頭に浮かびました。

大学の授業が終わると、その足で交番へ。


ところが、お巡りさんは、パトロールに出ているのか留守でした。

ずっと待っていると、お巡りさんが2人、

自転車で私の目の前を通り過ぎようとしました。


「すいませんっ!」と呼び止め、

「大学の課題で『働く人』という絵を描かなくてはいけなくて…

ちょっとスケッチさせてもらえませんか?」と、お願いしました。


「ごめんなぁ。パトロールせなあかんねん…。

あ、でも、警察署やったら、

警察官いっぱいおるから行ってみたら。」

「ありがとうございます!」

と、いうことで私は警察署に向かいました。


そして、私は着くや否や何もためらう事なく、

免許交付コーナー前に並んでいる長椅子に腰をかけ、

お巡りさんをスケッチ。


2時間程たった頃でしょうか、

「何してんの?」と、ひとりのお巡りさんが声をかけてきました。

「絵を描いてます。」と、

青だから横断歩道を渡ってますけど、何か?ぐらいの感じで、

「絵を描いてます。」と、答えた私に、

お巡りさんは、怪訝な顔をしました。


その表情を見た瞬間、あれ?ダメだった??と、思った私は、

慌てて、大学から出た課題のこと、さっき会ったお巡りさんのことなどを話しました。

すると、そのお巡りさんは、

「そうか、そうか。」と、言って署長さんから絵を描く許可を取ってくださいました。

でも、そこはさすがお巡りさん。

学生証のコピーは「念の為に、な。」と、取られましたが。


今だとインターネットで検索すれば、

何枚もお巡りさんの写真や動画が見られますが、

インターネットが普及しはじめた頃。

私は、2週間程その警察署へ通い、スケッチし続けました。


そして無事、絵を描き上げることができ、

大学の課題を提出することができました。

課題提出後、課題よりひとまわり小さい絵を1枚、

警察署にプレゼントしました。

みなさん大変喜んでくださり良かった〜と、思っていたら、

その話が京都府警の本部の方にも伝わったようで、

ある日、京都府警から大学に電話がありました。


「うちの学生、なんか悪いことしました!?」と、

電話を受けた職員さん、背筋が凍り、汗かいたそうなのですが、

私への機関誌表紙絵の依頼電話でした。


ということで、京都府警機関誌の表紙絵を1年間担当させていただきました。

色んな所でお騒がせスイマセン…の学生でした。



京都府警機関誌『へいあん』

つけペン(カブラ)を使っていたのが懐かしい。

色は、今も使っている水彩絵具(Winsor&Newton)で着彩。


*この投稿トップにあるイラストは、京都タワー。

イラストレーターデビュー10周年の時に描いた作品、

『パーティーのはじまりはじまり』。

閲覧数:59回

最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page